活動趣旨と7つの使命

弊財団の活動趣旨

 弊財団は、音楽・舞踏を主とする舞台芸術の我が国における振興と発展に寄与することを目的に1981年に設立され、2005年6月14日に文部科学大臣から特定公益増進法人の許可を受けました。その後の公益法人制度改革により、2011年4月1日から公益財団法人に移行し、さらに積極的にファンドレイジング(寄附金募集活動)に取り組んでおります。
 公益認定を機に、弊財団への寄付金控除は、従来の「所得控除」もしくは、より減税効果が高い「税額控除」の、どちらか有利な方式を選択出来るようになりました。皆様からのご寄付によって、2016年の事業計画に沿ってファンドレイジング活動を推進すると共に、舞台芸術の普及と振興のために今後も活動の幅を広げてまいります。


ファンドレイジング活動7つの使命

  1. 世界トップレベルの芸術団体及びアーティストによる来日公演の実現
  2. 次世代を担う青少年への鑑賞機会の提供
  3. 日本各地における公演機会の増加
  4. 東京バレエ団のレパートリー拡充・公演増加・海外公演の継続
  5. 東京バレエ学校での人材育成・普及活動
  6. 入場料金の低廉化
  7. ゲネプロ公演等により活動理解促進